フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅

フイリピンで英語留学・ゴルフ・慰霊などでセブ・バギオ・ダバオなどに滞在した時の記録です
フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅 TOP > カバルアン丘慰霊碑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カバルアン丘に慰霊に行く

 カバルアンの近くに住んでいる日本人の友人と一緒にカバルアン丘に行き慰霊をして来ました。

 林の中に人家がありあまり高い丘という感じはしません。鹿児島71連隊の戦友達が1982年頃に建立した慰霊碑がありました。
 
 この地中に未だに800余名の英霊が眠っているのです。そう思うと無関心で無責任の日本政府や日本人への怒りがこみ上げて来ました。深く積もった土を掘り起こすには、戦友会の人たちだけではあまりにも膨大な資金と期間が必要です。

 慰霊碑の近くの家のお婆さんが掃除したり面倒見てくれているそうです。夜中に日本兵の整列や行進の姿を見たり音を聞いたりするそうです。

 果物やお酒などをお供えして読経しました。

 読経を始めてから背中に沢山の人の気配を感じ、その人達が触っている感じがしました。これは、自分以外にはわからない感じで説明出来ないです。写真には写っていませんが私には大勢の日本軍将兵の英霊が日本に連れて行ってくれという合図に思えました。

 そんな馬鹿なことはないと思われるかもしれませんが私の感じたことであり、それを押し付けるつもりはありません。読経していて初めての体験でした。

img314_convert_20120119151046.jpg
      2005年に行われた慰霊祭

img077_convert_20120119153933.jpg
2006年 慰霊
img323_convert_20120119151720.jpg

img344_convert_20120119152455.jpg

img345_convert_20120119153450.jpg
      近所に住んでいる人々

クリックトよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

カバルアン丘の大盛支隊の死闘

 歩兵第二大隊はリンガエンへマニラから二百数十キロの道を徒歩で夜を徹して歩き、ビナロナンで飯盒の蓋に注がれた一切れの餅で正月を祝い、第二大隊を基幹とする「大盛支隊」の約940名がカバルアンに到着、布陣したのが昭和20年1月3日であった。

 米軍は1月9日朝上陸を開始して早くも1月12日頃には戦車を先頭に攻撃して来ました。大盛支隊は、敵を近距離に引きつけては猛射を浴びせて撃退すると共に、一方では陣地の増強に努めつつあったが16日頃よりの敵の猛烈な射撃と戦車を伴った攻撃はカバルアン丘を砲煙瀑砂で被った。

 26日も敵の激しい攻撃をなんとか撃退したが、27日になってついに最悪の状態になった。敵の戦車は我が陣地内に侵入し、一つ一つの散兵壕を75ミリの搭載砲でドスッドスッと虱潰しに撃ちこんで回るし、生き残りのおりそうな所は片っ端から火炎放射器で焼き潰している。

 各隊との連絡は全く取れず、支隊長も自分の周り以外の状況はさっぱり判らない。もうこれ以上はどうしようもないと諦め、入っている壕もろとも潰されて生き埋めになるよりは、壕の外に出て
せめて敵の一人でもやっつけて死のうと思い、拳銃を手に壕のすぐ外の地面に腹ばいになっていた。

 しばらくすると一台の戦車が目の前にのそっと姿をあらわしたがそのまま方向を変えて見えなくなった。相変わらず戦車のキャタピラの音、戦車砲や手榴弾の炸裂音、機関銃のけたたましい発射音、あるいは米兵のかん高い叫び声が続いているが、戦線がどうなっているのか見当もつかない。このような乱戦が夕方まで続くと、敵はいつもの通り戦闘を止めて引き揚げ陣地は砲撃の音のみになった。

 暗くなってから生き埋めになった兵を掘り起こしたり、各隊との連絡を取ったりして生き残りの人員を確かめたところ、まだ百数十名いた。しかし、火器は殆どなくなり、陣地は徹底的に潰されて、とうてい組織的反抗はのぞむべくもないと判断した支隊長は、ついに陣地の保持を諦めてカバルアン丘を脱出し、その周辺でゲリラ戦を行うことに決し、各隊の生き残りの指揮官を集めてその旨下命し、わずかばかり残っていた食料品等を分かち与えた。

 大盛支隊の生き残りは、カバルアン丘の陣地を捨てて脱出した。数日の後、或いは数カ月後になって、脱出者が第71連隊に帰りついた。その数は、わずかに16名であった。

img317_convert_20120116173445.jpg
歩兵第71連隊史

img369_convert_20120116174034.jpg
        歩兵第71連隊史
img368_convert_20120116174633.jpg
        歩兵第71連隊史

クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村






プロフィール

mandaragan

Author:mandaragan
リタイアしてから、フイリピンで英語留学、ゴルフ、観光旅行などしながら長期、短期滞在をしてきました。
現地情報も含めて体験記を書きます。

フリーエリア
外為どっとコムで口座開設
フリーエリア
フリーエリア
i2i
下半身ばかり太る
FC2カウンター
全記事表示リンク
twitter
AddClips
お気に入りに追加
my日本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。