フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅

フイリピンで英語留学・ゴルフ・慰霊などでセブ・バギオ・ダバオなどに滞在した時の記録です
フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅 TOP > セブ英語留学

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンカルロス大学ー英語学校調査

 大学の授業が終了してから、タクシーで英語学校を探し周りました。

1.SPEECHCOM トレイニングセンター
  ここは、フイリピン人経営の英語学校でした。フイリピン人と外国人のための英語学校です。
 授業料は、1時間500ペソで1日2時間で1000ペソです。1ヶ月20日として2万ペソになります。
 場所は、Rivergate Commercial Complex,Gen,Maxilom,Cebu City です。

2.韓国人経営英語学校
  ここは、大勢の韓国人と少しの日本人シニアが来ていました。一人の日本人シニア生徒に会い聞いてみました。日本から応募して来たそうで近くの指定のホテルに滞在しているそうです。結構高い値段でした。

3.GOLDEN PEAK HOTEL ESL英語学校
  ここは、ホテル内にある英語学校ESLを2ヶ月以上、3ヶ月学習するコースでした。ホテルに滞在して3食ついて月35000ペソで、SSP取得、ESLを勉強する事ができます。ケーブルテレビ費が月200ペソです。ESL費用は、月25000ペソで1日8時間授業があります。文法、読解、話す、聞くの授業が2時間ずつです。
 
 1:1,1:2、1:4や1:45のクラスがあり、リスニングはCNNテレビを視聴して学習するそうです。
訪問している時にkANーIRAG HOTELのフロントにいたフィリピーナに会いました。彼女は、ここに英語講師として勤めたそうです。

 このホテルは、私のアパートからすぐ近くの所でした。事務所にはフイリピン人がいましたが経営は韓国人かもしれません。ここが良さそうでここに決めようと思いました。 

 
スポンサーサイト
[ 2011/11/14 11:55 ] セブ英語留学 | TB(0) | CM(0)

サンカルロス大学ー授業終了 

4週間は、あっという間に過ぎて最終日になりました。韓国の学生から先生やフィリピンの生徒たちにお礼をしようと言われて少しばかりのお金を渡しました。彼らは、授業終了してからアイスクリームを買って来て皆に渡しました。先生も皆も喜んでいました。

 また、夕方先生を招いてお別れ会をしようと言われましたが、あいにく都合が悪くていけませんでした。
こういうふうにして私たちの英語留学は終わりました。1ヶ月、若い学生に混じって勉強してみてもっと語学学校などで勉強する必要を感じました。終わってから、語学学校を探すことにしました。

img115_convert_20111112153505.jpg
         校舎

img117_convert_20111112153814.jpg
         廊下

img118_convert_20111112154431.jpg
         教室

img119_convert_20111112154556.jpg
         教室
[ 2011/11/12 15:51 ] セブ英語留学 | TB(0) | CM(0)

サンカルロス大学ー学生チューターKATさん

 ホテルからアパートに移ってから、サンカルロス大学の事務所に頼んで学生のチューターを紹介してもらいました。彼女は、KATという呼び名で、遠い所からジープーニーで私のアパートに来てくれました。
 
 取り合えず、土曜日の午前中2時間頼みました。1時間200ペソでお願いしました。

 隣の部屋の韓国人は、会社員のようでしたが、学生をチューターに頼んで英語を勉強していたようです。

 発音や会話中心に教えてもらうことにしました。発音練習で/l/や/z/の音が出せなくて苦労したのを覚えています。土、日は学校は休みですが、彼女が10時に来るため早く起きて朝食を作り食べるのに忙しかったです。
 ゆっくり寝ていられませんでした。

 夏季大学が終わってからもKATにはチューターを頼みました。
私が、E3で習った教科書にある歌の曲を欲しいと相談したら、後日たくさんの曲が入ったCDを持ってきてくれました。教科書に載っていたのは、8曲でしたがそのCDには18曲ありました。そのCDは、バギオでもずっと持っていて聞いていました。

 例えば;
  Butterfly kisses . I turn to you. If we hold on together.
Irresitible. No ordinary love. Only hope. Someday we'll know.
Soledad.  
  などでした。

img135_convert_20111124143824.jpg
      KAN-IRAGホテルのガードマン

img136_convert_20111124143938.jpg
      KAN-IRAGホテルのある通り










[ 2011/11/07 16:41 ] セブ英語留学 | TB(0) | CM(0)

サンカルロス大学ーチューターのGILDA先生に教わる

 英語のレベルが高いので補習の必要からチューターを事務所に頼む事にして待っていたら後日、チューターGILDA先生を紹介してくれました。彼女は、レイテ出身で小学校の先生の経験があり今、セブ市の大学教員の就職活動をしているためアルバイトを望んでいる方でした。

 私は、火、木、金と週3日で、一日2時間で1時間時給250ペソで頼みました。補習内容は、E2の教科書を中心として文法、発音、宿題などを見てくれるようお願いしました。

 補習場所は、構内の廊下に椅子を置いてある場所で行いました。GILDA先生は、教え方が上手で発音、文法、会話、教科書に書いてある問題の答えなど丁寧に説明してくれました。

 ある時、教科書の宿題が出たので先生に見てもらい、解答をノートに書きました。次の日に授業で、宿題の問題について順番に挙手した生徒に指名して答えさせました。ある順番の時、私が挙手したら先生が指名しましたので、昨日やったノートを見て解答したらOKでした。周りの同級生がびっくりした顔で見ていました。
 授業が終わった後で一人の女子学生が私のノートを見てすごいというようなことを言いました。

 またある時、彼女が図書館に私を連れて行って、パソコンで履歴を書いた志願書を作っていて、出来上がったもののコぴーをくれました。私の日本語教員としての履歴を含む志願書をその場で作ってくれました。フイリピンでの就職書類の作り方がわかって非常に参考になりました。 

 夏季講習が終わりに近づいた頃、GILDA先生は、セブ州立大学の教員に合格したと言ったので凄いことだと
思いました。実績が評価されたのでしょう。

img024_convert_20111106144358.jpg
          チューター GILDA先生

img020_convert_20111106152038.jpg
          構内で補習した場所
[ 2011/11/06 15:30 ] セブ英語留学 | TB(0) | CM(0)

サンカルロス大学ーEnglish3クラス

 English3クラスは、聴解と発声、発音の学習で授業はLL教室で行われた。LL教室は、オーバーヘッドバンド式イヤホンが各机にあり、机の両側は、板で仕切られていた。
 
先生の声は、マイクを通して生徒の伝えられた。また、黒板を使って説明を聞く事が出来た。

 授業は、テキストを中心に進められ、先生の発音に続いて生徒が発音練習したり、生徒が自主的に練習したり、時々、机の番号で指名されたりした。また、ミニテストがあり、問題はテキストにあり、終わったら名前を書いて破いて提出した。

 テキストに、流行の歌が載っていて歌いながら発音練習した。グループで歌を選んで練習して発表した。クラスの人数は、50人以上いたようである。
 最後の授業の終わりに、一人ずつ先生の前に行っていくつかの単語の発音をして良ければ合格でした。

 発音は、難しいと思いました。

 教科書名は、AURAL-ORAL COMMUNICATIONS で著者は DR.Anita Jueco Rosal で著者本人が教えてくれました。


img022_convert_20111104164834.jpg
サンカルロス大学の同じクラスの学生たち>
[ 2011/11/04 12:00 ] セブ英語留学 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

mandaragan

Author:mandaragan
リタイアしてから、フイリピンで英語留学、ゴルフ、観光旅行などしながら長期、短期滞在をしてきました。
現地情報も含めて体験記を書きます。

フリーエリア
外為どっとコムで口座開設
フリーエリア
フリーエリア
i2i
下半身ばかり太る
FC2カウンター
全記事表示リンク
twitter
AddClips
お気に入りに追加
my日本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。