フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅

フイリピンで英語留学・ゴルフ・慰霊などでセブ・バギオ・ダバオなどに滞在した時の記録です
フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅 TOP > スポンサー広告> バギオ英語留学 > バギオの英語学校

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バギオの英語学校

 ホテルに宿泊してから、英語学校を探しました。かなり多くの韓国人英語学校があって驚きました。それらは殆ど全寮制で学校のオーナーがバギオの空きアパートや1軒家などを借りて営業していました。
 
学生は殆ど韓国人学生で大学生、中高校生、小学生などが来ていました。韓国の留学熱に驚きました。残念ながら日本人学生は少なかったです。韓国人学生が来るから韓国料理店が沢山出来ていました。
 
タクシーに乗ってもあなたは韓国人かと聞かれました。その頃、約3千人の韓国人がバギオに居ると言われていました。

 フィリピン人経営の英語学校もありましたが幼稚園児や小学生を主に教えているようで1時間当たり330ペソと聞き高いからやめました。それでホテルから近い所にある韓国人経営の英語学校に決めました。
 
その学校は、AMERICAN ENGLISH ACADEMY という学校で、月謝200$(約11、200ペソ)で1日午前中4時間授業です。最初の2時間は、コミュニケーションで後の2時間はリスニングでした。先生は、フィリピーナでコミュニケーションは、Belinda先生、リスニングはFlorence先生でした。

 学校のオウナーは、James Leeさんで奥さんと一緒に経営していました。
授業内容は、コミュニケーションは、テキストを渡され宿題をやっていき、先生の質問に答えわからないことは質問する内容で後は何でも自由に会話しました。

リスニングはテープレコーダーで聞き取りテキストの質問に答える
授業でした。時間が余ったら何でも会話できて楽しく勉強できました。

 授業が午前で終わったら学校の近くの安いレストランでランチを食べました。その後、セッションロードやSMモールやマーケットに行き買い物したりぶらぶら歩いたりしました。買い物などで英語の実地練習を兼ねて会話練習をして自信を付けました。

img125_convert_20111122100805[1]
          「韓国人経営の英語学校の一つ」
img007_convert_20111122101212[1]
          「市の中心にあるバーンハム公園の池」
img008_convert_20111122101415.jpg
          「バーンハム公園の池」
img009_convert_20111122101945[1]
      「バーンハム公園の近くにある宿泊したホテル」
img124_convert_20111122105832[1]
          「セッションロード
[ 2011/11/22 11:07 ] バギオ英語留学 | TB(0) | CM(3)
はじめまして
こんにちは

先生はフィリピン人なんですね?
フィリピンのなまりがある英語なのでしょうか?

英語圏からきたネイティブの先生はいないのでしょうか?
[ 2011/12/01 00:57 ] [ 編集 ]
Re: はじめまして
> こんにちは
>
> 先生はフィリピン人なんですね?
> フィリピンのなまりがある英語なのでしょうか?
>
> 英語圏からきたネイティブの先生はいないのでしょうか?

コメント有難うございます。英語学校や大学、高校、小学校、幼稚園の英語の先生は、すべてフィリピン人でした。英米人の先生を雇うと給料が高く払えないせいもあるでしょう。マニラの有名大学には、英米人の先生はいるかもしれません。しかし、高給を払える私立大学なら。また、フィリピンに滞在して教えてくれるネイティブの人もいるかも知れません。
 欧米人から見るとフィリピン人の英語はなまりというか違いがあるのかもしれませんが、フィリピン人の発音は正確だと思いました。彼らは、多数、欧米に看護婦や介護士とかで就職しているので通用しているのではないかと思います。フィリピン人でも大学を卒業した人と高校卒業した人の英語力は違います。大学の英語のレベルは高いです。また、フィリピンの英語教育は、小学1年生から毎日1時間、1週間に5時間、英語を勉強します。
 フイリピン英語は、アメリカ英語なのでイギリス人やイギリス英語を習った人は少し違うと思うでしょう。
[ 2011/12/01 23:00 ] [ 編集 ]
Re: ウチの子は、CLARET Of  QUEZONですが、
> 朝6:30から午後3:30まで門を入ると、病気以外、外には出られません、正門の近くに路上駐車で待機、毎日送迎です。晴れ日は問題がありませんが雨の日は大変です。比国は米国統治圏だったせいか6歳からエレメンタリー、13歳でハイスクール?色気が出てきて、妻も大変。言うことを聞かないとストレス充満。息子曰くパパの英語は解らないですと巻き舌(RとL)の英語、パパはブリティシュ英語だとごまかしてます。
quezon様。コメント有難うございました。気がつくのが遅くなりすみませんでした。
マニラのケソン市ですか。有名校は規律が厳しいですね。ハイスクールになると男子も女子も色気がついて大変ですね。成熟が早いと思います。日本人の英語は馬鹿にする傾向があり、最初の頃はかなり馬鹿にされました。彼らは英語、タガログ語と現地語が出来ると自慢したりしますね。
[ 2011/12/16 15:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

mandaragan

Author:mandaragan
リタイアしてから、フイリピンで英語留学、ゴルフ、観光旅行などしながら長期、短期滞在をしてきました。
現地情報も含めて体験記を書きます。

フリーエリア
外為どっとコムで口座開設
フリーエリア
フリーエリア
i2i
下半身ばかり太る
FC2カウンター
全記事表示リンク
twitter
AddClips
お気に入りに追加
my日本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。