フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅

フイリピンで英語留学・ゴルフ・慰霊などでセブ・バギオ・ダバオなどに滞在した時の記録です
フイリピンの英語留学・ゴルフ・慰霊の旅 TOP > スポンサー広告> バギオ英語留学 > バギオの苦い思い出 NO.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バギオの苦い思い出 NO.1

 バギオは、涼しくて勉強するのには良い所です。それで大学が多く各地から大学生が集まって来ます。
 
 2度バギオに旅行して気に入りました。友人はアパートに住んでいてそこに泊めてもらいましたがアパートは安く借りられるし物価も安いので生活費が安くて済みそうでした。

 友人に英語を勉強したいと相談すると若い日本人がUB(バギオ大学)で1年勉強して他の地方に移って行ったと言いました。
 
 それならバギオで英語の勉強が出来ると思い日本に帰ってから友人にUBの入学の書類を送ってもらうことにしました。今から約10年前のことです。

 入学についての情報は、1年間の英語コースはない、編入学はない、4年制大学の入学だけ、しかし、学費は安いということでした。送ってもらった入学に必要な書類は、次のものでした。

1.履歴書(PHS)6枚。
2.成績証明書、卒業証明書。在日フィリピン大使館のred ribbonで証明したもの。
3.証明された身元証明書と銀行預金証明書。少なくとも7,000$の預金。red ribbonで証明されたもの。
4.パスポートのコピー。
5.ビザ費用の30$の小切手。

 red ribbonは何か良くわかりませんでしたが受け取って見ると証明書類に赤いリボンを斜めにかけたものでした。アメリカの真似して格好だけはつけるなと思いました。
 
 履歴書は大学の書類をコピーして手書きして写真を貼って右親指と左親指でスタンプのインクをつけて押します。指紋を取るわけで厳重なのにびっくりしました。

 成績証明書、卒業証明書などは外務省で証明してもらい東京のフィリピン大使館に行ってred ribbonを掛けてもらいました。

 預金証明書は、銀行の預金証明書をもらい外務省の近くの公証人の証明をもらい又外務省の証明をもらいフィリピン大使館でred ribbonを掛けてもらいました。

 身元証明書は、どうすればいいのかわかりませんでした。バギオの友人に相談して彼に保証人になってもらうことにしました。彼は日本人だし信用があるだろうと考えましたがそれは甘い考えでした。

 身元保証書は、見本がないので自分で作り、外務省の証明はこちらで出来ないから現地で相談すればいいだろうと判断しました。 

 外務省やフィリピン大使館や公証人役場に証明をもらうのは大変で何日か待って取りに行くのでした。

 公証人の証明は1万円ほどかかり高いと思いました。留学する手続きは2重に、3重に証明が必要で簡単にはいきませんでした。

最後にクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村



[ 2012/02/25 18:56 ] バギオ英語留学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

mandaragan

Author:mandaragan
リタイアしてから、フイリピンで英語留学、ゴルフ、観光旅行などしながら長期、短期滞在をしてきました。
現地情報も含めて体験記を書きます。

フリーエリア
外為どっとコムで口座開設
フリーエリア
フリーエリア
i2i
下半身ばかり太る
FC2カウンター
全記事表示リンク
twitter
AddClips
お気に入りに追加
my日本
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。